Fire 早期 退職。 年収400万円でも可能?若いうちに退職する「FIRE」という生き方

それを「4%ルール(Safe Withdrawal Rate)」と言い、1998年にテキサス州にあるトリニティ大学の先生方が編み出した、レッキとした金融理論です。 ただし、将来のことは誰にも予測不可能です。

14
そういう人は正確には「仕事がイヤ! なのではない」と思います。 ちょっと頑張れば届きそうな気がしますね。

しかし、競争社会というのは、優秀な人でも加齢とともに衰え、いずれ若い人たちに負かされる社会でもあります。

14
資産を減らすわけにはいかん。 日本でも「給料がすべて生活費に消えてしまう。

FIREは現実から逃避する人生観ではなく、自分の人生を大切にするための生き方改革です。 ピートさんの場合、車も持たず、家も安い地域でつましく暮らしていたので、3人家族で 年2万4000ドル(約270万円)もあれば十分でした。

6
一方入金率が低くなってくると投資リターンがリタイアまでの年数に大きな影響を及ぼしてきます。 しかし重要なのは、このFIREの貯蓄額は「投資元本」であるということ。

そして、今まで生まれてから22歳までが教育期間、大学卒業して定年60~65歳までが就業期間、そしてそれ以降がセカンドライフと呼ばれ、自分の自由なことをする期間と定義付けられていましたが、人生100年時代ではこの区切りがなくなり、各個人が自由に設定する時代が来ると予言しています。

今回の新型コロナのような疫病がはやったり、その結果マクロ経済の様相が大きく変化することもあり得ます。

今回のシミュレーションは、あくまで仮定上のことだという事を、強調しておきます。

3
早期リタイアにはいくら必要? では、具体的に早期リタイアするためにはいくらの資産が必要なのでしょうか。 ということは、• これはFIREを達成するにあたって、投資から得られる利益などを計算する必要があり、それらの計算を楽しめる人がハイテク業界の男性には多いからである。

実際は、1億円を運用した利回りも加算されるので、1億円あれば、25年以上、自由な生活を実現できるとは思います。 FIREムーブメントは、パワハラなど会社から逃げる人生論ではありません。 まだ返済中の場合、運用商品を取り崩して少しずつ繰り上げ返済に充てていきましょう。

5
いい大学に入っても、卒業する頃には学生ローンで借金漬けということもアメリカは多いですからねぇ…。

これからの働き方を考える上で、参考になる良書です。 アメリカでは、「F. 現在進行形で「firing」と書けば、それはケチケチ貯めこみ、家計の柱となる金の卵をコロコロ太らせ、経済的独立を目指す段階を指します。 また、英国の経済学者ケインズは、「2030年には週の労働時間が15時間となる」と予測していた。

11
増収入重視のファット型FIRE 2種類あるとか。

まとめ 「FIRE」や「サイドFIRE」を目指すためには、家計簿などによるお金の管理・節約・資産運用などは必須です。 金融教育研究所の佐々木裕平です。 FIREとは「Financial Independence(経済的自立), Retire Early(早期退職)」の頭文字で、端的にいえば「早期退職して、お金のためにヘトヘトになるまで働く縛りから自分を解放する」というライフプランや概念を指します。

8
アルバイトやパートなどで働いて収入を得れば、3,000万円~4,000万円ほどの貯蓄でも生活していけるケースは少なくありません。

その間に得られる金融収入(預金や債券の利子、株式の配当、投資信託の分配金などのインカムゲイン)で補われて、95%以上の人は生涯を終えるまでに貯金が底をつくことはないという理論があります。

2
簡単に言うと、インデックスファンド等を通してアメリカの株式市場全体に分散投資をしていれば、そこから年間4%だけ引き出して使ってしまっても、長期間資金が尽きることはないということです。