アレグラ ジュニア。 アレグラFX|商品情報|商品別(薬効別)|久光製薬

用法・用量 7才~11才の小児:1回1錠、1日2回朝夕に服用してください。 これから本格飛散になるので親子で買いに行くことをおすすめします。

14
と言うのも医薬品はしっかり定められた飲み方をしないと、万が一副作用が生じた場合などに 一切の補償を受けれない可能性が高くなってしまいます。 先に挙げたように医療機関で医師の判断により抗ヒスタミン薬などを複数使用するケースはありますが、知らず知らずに重複している場合は副作用の予想外の増強などがおこる可能性があり危険です。

フェキソフェナジンは脳内に移行しにくい成分であるため、眠気はほとんど起こりません。 もし12~14歳が使用する場合は市販の方が割高です しかし今ではアレグラのジェネリック医薬品も発売され薬自体の値段も安く、また自治体によっては小中学生に医療費の助成がある場合もあり、病院の方が値段はかなり安くなる場合もあります。

インターネットで購入ができない• ) 【相談すること】 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。

) 用法・用量 成人(15才以上)、1回1錠、1日2回 朝夕に服用してください。 眠くなりやすいか、眠くなりにくいかは、有効成分が脳内に移行しやすいか、移行しにくいかで決まります。

15
要指導医薬品ではありますが、薬剤師の指導をきちんと受け、説明書をしっかり読んでから飲むようにすれば、副作用は回避され、快適な日々を過ごすことができるようになるでしょう。 ヒスタミンは「H1受容体」に結合することで、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、蕁麻疹などのアレルギー症状を引き起こします。

通常、2歳以上7歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回30mg、6ヵ月以上2歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回15mgを1日2回、用時懸濁して経口投与する。

水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムとの併用も注意 水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウム(例:太田胃散、キャベジン、サクロン)のような制酸剤と一緒に服用すると、制酸剤による吸着でフェキソフェナジンの消化管吸収量が低下し、血中濃度が40%低下すると言われています。

(効能・効果追加承認時) 使用成績調査及び特別調査において、総症例3,876例中、61例(1. 副作用 「フェキソフェナジン塩酸塩」は安全性が高く、副作用が少ない薬ですが、ごく稀に次のような副作用が現れる場合があります。 つまり、蕁麻疹やかゆみに使うことができるんです。 1錠あたりの大きさが違う アレグラFXジュニアは子供でも飲みやすいように小さく作られています。

5
花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎に使用する場合は、花粉が飛散する時期よりも少し早めに使用するとより効果的なのでおススメです!. 微妙なのが酸化マグネシウムです。

成分はアレグラFXジュニアと同じですが、飲む量が異なります。 逆に60mgの錠剤を半分に割って子どもに0. 症状の名称 :症状 ショック(アナフィラキシー) :服用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のど のかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 他の要指導医薬品と同様、本人にしか販売できないのである。

1
アレグラFXジュニアを使うメリット では市販のアレグラFXジュニアはおすすめしないのかと言えばそんな事はありません。

特に勉強や部活動に励んでいる学生にとって眠気が少ないほうが良いですよね。 脳内の「H1受容体」をブロックすることで脳内活動が低下し、眠気が生じるためです。

18
【ご購入の流れ】 STEP1:使用上の注意を確認後、「お買い物カゴへ」をクリックしてください。 市販薬も同じでしょう。

第2世代抗ヒスタミン薬に分類され、第1世代に比べ代表的な副作用の眠気が少ないという特徴があります。

13
12才~14才の小児、1回2錠、1日2回朝夕に服用してください。